​​The

​​Session

“こころ”のセッション

高い心のレベルに成長するためのセッション(対話)です。
それが「“こころ”のセッション The Session(ザ・セッション)」です。
   
このセッションはよく言われるところのセッションとは違います。
カウンセリング、コーチング、コンサルティングなどで使われるものとも違います。
   
また、これらのベースとなっている心理学、NLP(神経言語プログラミング)、
マインドリーディング、プロファイリング、などとも違います。 
 
なぜ違うのでしょう、、、
     
なぜならこういったもので、あなたを“自由自在”な世界に導くことはできないからです。
“自由な感じ”は手に入るかもしれません。
しかし、“自由自在”にはなれません。

  
実際、私もそういったものを学びました。
そしてそれを私自身にも実践しましたし、
また、クライアントさんに対しても行いました。
     
でもそれは低い次元の心の界層止まりなのです。
自由な“感じ”止まりなのです。
              
私が望んだもっと高い次元のこころの世界に、
結びつくことはできなかったのです。
           
私が望んだもの、、、
それは、私が実際体験した自由自在な世界のことです。
    
私は偶然、今思えば必然ですが、
その世界に入ることができました。
  
それは、何度となくありました。
そんなちょっと不思議な体験をすることが起こったのです。

 

 
自由自在な世界。
 
       
それは、言葉ではとても表現することはできません。
しかし、確かに存在するのです。

      
とても穏やかな世界です。

とても静かな世界なのです。

不安の闇が取り払われた世界なのです。

 

だから、とても安心出来るのです。

  
同じようにこのような世界を知った方々も、
このような言葉を使って表現しています。
           
しかし、言葉に尽くすことはできません。
それもよく分かっています。
       
このようなことがきっかけとなって、

私は心の世界を学ぶことになったのです。

     
それは今から30年ほど近く前のことになります。
      
そんな経緯の中で私の中ではっきりしたことがあります。
    
私が体験した自由自在な世界とは一体何なのか、
なぜその世界に入ることができたのか、

それが“論理”として理解することができたのです。 
          
そして、その論理は西洋にではなく、
実は東洋の叡智にあったのでした。
    

“自由自在”という世界につながる唯一の鍵は、
東洋の叡智にしかないと思います。

     
西洋式ではその世界には入ることはできないでしょう。
       
つまり、西洋で体系化された、
カウンセリング、コーチング、コンサルティング、、
これらのベースとなっている心理学、NLP(神経言語プログラミング)、
マインドリーディング、プロファイリング、などには限界があるのです。
            
だから、このセッション(対話)はよく言われるところのセッションとは違います。
      
あなたを“自由自在”な世界に導くための唯一の鍵となる、
東洋の叡智(論理)が盛り込まれたセッション(対話)と言えるのです。
        
だから、  
「“こころ”のセッションThe Session」 
唯一のセッション(対話)と呼ぶことにしました。
         
あなたが“真の自由”という世界に気づく瞬間が、
このセッションできっと手に入るでしょう。

 

自由“感”ではありません

このセッション(対話)は、あなたを自由自在な人生に導くものです。
そのためだけのセッションでもあります。
  

もし、あなたがそれを望むなら迷わず、
このセッションを受けたらいいでしょう。
    
ちなみにここで言う自由自在とは、
自分の欲しいままに振る舞う放蕩のことではありません。
   
また、西洋の成功法則によく出てくる、
健康、お金、人間関係、時間、感情などといったものを、
手に入れることで自由になれる、というものでもありません。
       
なぜなら、これらすべてを手に入れたとしても、
自由自在になれないからです。
       
自由“感”は手に入るでしょう。
しかし、あなた“そもそも”が自在にはなれないのです。
          
手に入れることで得られる“感じ”はすぐに消えていきます。
           
そういったものは情緒のひとつなのです。
情緒というものは、
常に変化しつづけます。
    
「あ〜美味しかった、、」
というのと同じです。
        
この美味しかった“感じ(情緒)”はすぐ消えていきます。
 
    
ちなみに日本語に情緒語とよばれものは、
8000種類以上あると言われています。
    
それだけ“感じ”は微妙に常に変化するということですね。
            
そんな微妙で変化し続けるもので、
自由自在になれるわけはありません。
     
また、個人の判断を重要視する、
欧米で言うところの“自由主義”ともまるで違います。
              
ここで扱う自由自在とは、
“全く自由”ということです。
            
あなたそもそもが“自由自在”だということなのです。
あなたの存在そのものが自由自在だということなのです。
      
あなたそもそもが“自由自在”なのですから、
あなたは何もしなくても、
何かを手に入れなくても、
どこかにいかなくても自由自在なのです。
今ここにいるだけで自由自在なのです。
 
          
それが、ここで言う“自由自在”というものです。
 
  
だから自由“感”とはまるで違ったものなのです。
 
 
ちなみに、自由とは<自分に由る>、
つまり他に由(よ)るのではなく、
自分にもとづくという意味があります。
       
だから自由なのです。
     
また、自在とは、、
心が煩悩から解放されて自由になり、
思うままになし得る能力、という仏教語でもあります。
        
それは、
「自らが自らに在る」
という言葉にもつながっていく。
         
自らの中にこそ、
自らが存在する。
   
自らの外にあるのではない。
    
自由が自らの外にあると誤って認識し、
外にに求めることそれは煩悩です。 
        
それを無知といいます。
      
外にあるのではなく、
「自らが自らに在る」
と正しく認識することが、
煩悩から解放される大きな鍵となります。

 
このように自由という言葉、
自在という言葉の語源からも分かるように、
自由自在というのは、外に求めることではないことが分かります。
        
逆に外にあるものと、
誤って認識することは煩悩につながるのです。
     
煩悩は苦しみを生み出す源です。
     
つまり、西洋の成功法則はかえって煩悩を生み出し、
そして、苦しい心を生み出すことにもなるのです。
             
真の意味で“自由自在”になるのには、
“自分”“私”といったものが大きく関わります。
    
そして、それに伴って実は“心”というものが、
大きく関わってきます。

  
そのようにみてみますと、、、
  
“自分”“私”とはいったい何か、
そして“心”とはいったい何か、
これらの正体はいったい何なのか、
そこにメスをいれることを、
必ずしなければならなくなるのです。
  
 
その段階をスルーすることはできません。
自由自在になりたいのでしたら、
それは絶対にスルーできません。
  

“自分”“私”、
そして“心”
それらが様々なものからあなたを解放し、
自由自在な人生に導く唯一の鍵なのです。

 

明確にしなければならないこと

その鍵を探す上で、
ここで明確にしておかなければならないことがあります。
        
それは“自分”“私”とは、
いわゆる“自我”ではないということです。
     
自己啓発系が扱っているのは、
“自我”の心の次元です。
   
スピリチュアル系でも同じことが言えます。
   
しかし、“自我”という心の次元の中にいる限り、
“自由自在”につながることはないのです。
      
その心の次元の中を、右往左往して終始するだけとなります。
その次元にいる限り“自由自在”につながることは絶対ありません。
    
まず、そのことを知っておいてほしいのです。

 
そして、もうひとつは“心”というテーマは、
心理学では解決できないものだということです。
 

心理学、特に深層心理学という分野が、
心と大きく関わってきます。
   
ちなみに心理学は日本では文系のようですが、
欧米では理系と言われています。
   
つまり、臨床を分析し、それをパターン化し、
そして統計データとします。
  
そのデータをもとに患者(クライアント)を観察するのです。
  
だから理系なのですね。
  

これでは、クライアントの心の微細な流れを、
感知することはできません。
パタンーン化するだけで終わります。 
 
さらに心の核にまで、触れることはできません。 

         
深層心理学の立役者といば、
フロイト、ユングが有名です。
 
彼らがやったことも同じでしょう。
    
ただし、臨床例は心を病んだ患者だけであり、
また、その当時(1800年代末)のことを思えば、
臨床例は限られたものだったと思います。
    
つまり、統計データのもととなる、
母数が多いとは決して言えません。

また、限定された(神経症等)対象がほとんどだったということです。
     
神経症等でない普通(?)の人の、
心は対象になっていないのです。

   
また、フロイトとユングに共通するところがあります。
    
それは、彼らも神経症だったことです。
 
ちなみによく聞かれるところですが、
医師の自殺率は一般人に比べてかなり高いらしいのです。
    
その中でも精神科医の自殺率は、
他の医師の2倍との統計もあります。
   
そのように観てみても、心理学の限界を感じてしまいます。
      
しかし、フロイトやユング自身が神経症だったから、
心の世界の学問を真剣に研究したのだろうし、
その功績は大きいように思います。
 
     
しかし、ここで気づいていただきたいのは、
彼らが扱った心の部分は、やはり“自我”に関するものだ、
ということです。
       
何度も言いいますように、
自我の問題を、自我の属する心の階層で

解決することはできないのです。
 
   
確かにユングは集合無意識という概念を発見しました。
それは、“自我”を超えたところの心の階層とも言えるのかもしれません。
    
ユングはフロイトと決別し、
その世界に踏み込んだいきました。
  
その世界とは“神秘主義”という世界。
 
ちなみに、“神秘主義”という概念は、
東洋のものです。
      
実際、ユングは東洋思想・哲学の世界に踏み入れようとするのです。
西洋的な心理学の限界を知ったからなのです。
          
その経緯があって、集合無意識という概念が生まれたのだと思います。

心について探究し続けた東洋

心というテーマをより深くとらえるとしたら、
東洋思想・哲学の叡智こそがバイバルとなります。
    
“心”を最初に科学したのは、実は東洋なのです。
     
紀元前1000年の太古の時代にすでに、
『ヴェーダ』という経典がありました。
 
さらに、神秘主義の時代には『ウパニシャッド』。
 
神秘主義とは隠されたもの、
言葉で言い表されないものを表現することを意味します。
  
“隠された”ものとは“真の自己”のことです。
真の自己は“自我”とはまるで違う存在のことです。 

 
表面化することはありません。
ただ深く静かにそこに常に存在するものです。
        
このように“真の自己”は言葉では言い表すことはできません。
それを表現しようとしたのが神秘主義なのです。
    
その後「サーンキヤ哲学」というものが確立されます。
つまり哲学という体系立った概念があらわれます。
  
それを基礎として、仏教、ヨーガ、ヴェーダーンタ、
タントラなどいったものが作り上げられと言われています。
    
心の科学を体系的にまとめた
『ヨーガ・スートラ』という経典もそうです。
 
ちなみに聖書もそのひとつと言えるでしょう。
      
他にも聖書に匹敵するくらい知られている、
『バガヴァッド・ギーター』
『ブラフマ・スートラ』
などがあります。
     
また、日本では古神道というものが、
それらに匹敵しほぼ同じことを説いているように思います。

    
ちなみに古神道・言霊(コトタマ)こそが、
世界すべての聖典・経典の源流だとも言われているのです。
      
他にも心や真理をテーマに、
様々な経典、聖典が数多く生まれています。
          
そして、それらのほとんどは東洋から生まれたものなのです。
  
つまり、心のテーマを深く探るためには、
東洋の叡智が不可欠なのです。
 

仏教の開祖ゴータマ・ブッダ。
 
彼は最高のブッダ(覚った人)でした。
真の自由自在な境地を覚った人です。

   
ちなみにフロイトやユングは優れた学者であり、
知識人であったのは事実ですが、
“覚者(ブッダ)”ではありません。

覚った人ではありません。​

         
そこに関しては凡人です。
実際、彼らの人生は自我(エゴ)に翻弄され続けています。
      
つまり自由自在な境地からは、
ほど遠い人たちなのです。  
  
エゴといった煩悩を持つことの、
苦しみを教えてくれた人たちとも言えるのかもしれません。
        
西洋は物質化に突き進み、それは今でもまだ変わりませんが、
東洋は過去何千年もかけて、心の神秘に取組んできています。
  
それも真っ向から真摯に、
それこそ命をかけて取組んできているのです。
 
ちなみに、西洋人に覚った人、
光明を得た人、覚醒した人っているのでしょうか?
   
モーセやダビデ、ソロモン、そしてイエスも、
みな非白人(オリエンタル)だったと旧約聖書に記述されています。
   
このように考えると、
やはり西洋式で“心”に全面的に関わることはできないのです。
    
心理学、NLP(神経言語プログラミング)、
マインドリーディング、プロファイリング、
最近こういったものが数多くでてきています。
    
こういった体系化された西洋方式は、
あくまで対処療法としては使えることができるでしょう。
      
心の表面的なもの、
心のさざ波への一時的な対処法なのです。
  
ですから結局、取り繕っているだけになってしまいます。 


なので、、、
“心”の核(コア)にまで関わることはできません。
 
“心”の核(コア)に関われない限り、
“真の自由自在”な境地につながることはできません。
    
“心”は自由自在への障害、悪魔にもなりますが、
唯一自由自在という世界の扉をあける鍵でもあるのです。
       
このような理由から、 
このセッションは東洋の叡智が核になっています。
 
特にブッダの教え(初期仏教)がその背景にあります。

     
なぜなら、その教えが心の謎をすべて解き明かしてくれてますし、

その教えは明確に体系化され、とても論理的なものだからです。
 
また、私たちの心を高い次元に成長させる

具体的な方法も用意されているからです。
 
他にそのようなものを見当たりません。

  

また、合わせてラージャ・ヨーガ(心理ヨーガ)、

ジュニャーナ・ヨーガ(知性ヨーガ)というものも

このセッションの核となるものです。
       
ここでいう“ヨーガ”とは、最近よく聞かれるヨガとは別次元のものです。

   

つまり健康、美容、痩身、癒し、といったことを目的に

ポーズ(アーサナ)する体操ヨガではありません。

ヨーガ本来の目的は、心の絶対的な解放、

つまり解脱を目指すことです。
 
そういったヨーガ本来のことです。


このセッション(対話)はブッダの教え(初期仏教)そしてヨーガ(ラージャ、ジュニャーナ)

​という、心を高い次元に成長させてくれる体系化された理論(証拠)が背景にあります。
 

セッション概要

今回提供する「The Session」はつぎのようになります。
いずれかをお選び下さい。
  
<Trial versionトライアルバージョン>
〜体験セッション。
  
5,000円(込)約1時間 
※初回限定
      
<Basic versionベーシックバージョン>
〜高い心の次元に成長していくための基本セッション
    
20,000円(込)約2時間
  
<エバンジェリスト>
ムサシコジロー井澤直樹
プロフィール
   
申込、問合せはこちら。
セッションの日程、お支払方法等改めて直接ご連絡します。