『美しい心と体』を生きる選択の基準に

 『利休 WABI粋に生きる男の法則』KKベストブック

 

日本人だけが持つ素晴らしい感性、そして美意識

それは究極の自己開発法であり、自己啓発法です。

それを『WABI』というロゴでまとめてみました。



ちょっと前書きのところをご紹介します

 

 はじめに...

 現代は“加算”の時代である。 言葉を変えれば、“贅肉”の時代。

 

 「もっともっともっと」手に入れたい、欲しい、そんな時代。 結果として、肉体はもちろん、心も贅肉だらけとなる。 いつまでたっても満たされない。 そして、肉体も心もどんどん重く、どんどん苦しくなる。 そして、肉体も心も疲れ果て、病に冒され贅肉に囲われるのである。

 

 今一度、振り返ってみよう。 心も体も軽快で爽快で愉快で純粋だった時を。 必ずあったはず。その時贅肉はなかったはずだ。 もう一度その状態に戻ろう! そして、一瞬一瞬を目一杯の幸せに満たされよう。 それは充分可能なのだ。

 そのために必要なことは引き算である。 ムダを削ぎ落とすことである。ムダを捨てることである。

 

 WABIとは引き算である。
心身の贅肉を削ぎ落とす。 すると、不思議なことだけれど、自然のうちに心も体も軽快で爽快で愉快で純粋になる。 そして、人としての気品も自然と生まれてくるのだ。 それは当然のこと。もともと人間は美しく気高いのだから。 自然を観れば分かるだろう、一切贅肉などないだろう。 そして、どんなものでも気高いではないか。当然人間だってそうなのだ。いやそれ以上に気高いは ずだ。万物の霊長という言葉まであるではないか。

 

 まさしく野に咲く一輪の花のごとし。

 

 それが、WABIの根本である。 WABIの意味するところは「和美」「和微」「わび」であり、その中に「粋(いき)」という 息吹も含まれている。そして、その根底には「削の美」「捨の美」「潔の美」「自然の美」という 美意識がある。

 

 一切の贅肉を落とした中だからこそ映える神々しい輝き。WABIはそれを目指している。 そして、そこが本書の目的もある。 ……