書く“力”を磨く講座

インターネットの時代。
それは誰しも認めるでしょう。
     
そして、同時にソーシャルネットワークの時代でもあります。
FaceBook、インスタグラム、twitter、LINEなどなど、
その世界へ入り込む人たちは増える一方です。


また、ビジネスの世界で言えば、ホームページは普通のことであり、
ホームページがないのは異常なことのように思われています。
  
このように、いまやこのインターネットの世界は、
実在するひとつの世界ととらえることができます。
      
そして、今現在、多くの人の暮らしの中に、
また、ビジネスの世界において、
多大な影響を与えているのは事実です。


このような事実を踏まえ、その世界の影響力を活用したいのであれば、
ひとつ押さえておかなければならない大切なことがあります。


それは、“文字、文章”が欠かせない要素になっている、
ということです。


ブログ記事投稿をはじめ、
FaceBookへの投稿、
インスタグラム、twitter、LINE、、など。


そして、ホームページ(HP)、
商品販売に欠かせないランディングページ(LP)など。
   
文字、文章がなかったら成り立たないのです。

ちなみにホームページを作ったのに、
全然商品が売れなかったりする大きな原因は、
文字、文章にあります。


インターネットというメディアを活用し、
売上の貢献に導くことが可能なランディングページは、
そのほとんどが“文字”“文章”で構成されます。
    
このようにビジネスの世界だけをみても、
“文字”“文章”というものがいかに大切になってきているか分かります。


そんなこともあって、最近多くの方が“ライティング”のスキルを身につけようとする傾向にあります。
それは“文字”“文章”の大切さに気づいた方の、
ある意味、賢明な選択と言えるでしょう。
              
ビジネスの世界で言えばコピーライティングやセールスライティングなどが、
その典型となります。


しかし、、、


このようなスキルやテクニックを学んでも、
本当に書けるようになる人はほんのわずかです。
        
  
それは、なぜでしょう?


実は、書く“力”がないからです。

    
書く“力”がなかったら、
書けないはずです。
     
そしてその力が枯れて干上がってしまったら、
書けなくなるはずです。
          
テクニックをどれだけ手に入れても、
書く本人の内側から溢れるはずの、
“力”が枯れてしまっていたら、
本当の意味で書くことはできません。
       
しかし、ほとんどの方が肝心なその“力”のことを忘れ、
表層にすぎないテクニックに走ってしまうのです。


テクニックだけで、人と本当につながることはできません。
それはビジネスの世界においても同じで、
お客との深い関係性を築くことはできません。


やはり、書く“力”という根っ子が必要になります。


この企画は、
   
・自分のメッセージをもっと伝えたい
・相手のハートに素直に響く伝え方をしたい
・相手が自然に行動する伝え方を知りたい
・お客との関係性をもっと深めていきたい
  
と思われている方。
  
また、、、
  
・ブログ投稿
・SNS投稿
・ホームページ
・ランディングページ
・コピーライティング
・メールマガジン
・レポート
・諸々のコンテンツ
といったビジネスに関する表現力をもっと高い次元にしたい方。
企業経営者個人のメッセージ力は、
ブランディングなどを考えた場合、
今や欠かせないものです。


このような方が対象になってくると思います。
             
講座の内容は次のようなことを考えています。

​【講座概要】

講義時間】
・要約バージョン:1時間半〜2時間

・詳細バージョン:3時間〜5時間
 

【内容】

・インターネットの時代に見落としがちな大切な“道具”
 〜ほとんどの人が気づいていない道具

 

・メッセージ力あるホームページに絶対欠かせないもの
 〜キレイなデザイン、オシャレなデザインがメッセージ力ではありません


・ライティングができない理由
 〜書かなければならないのは分かっている。書く方法も学んだ。でも書けないのは?


・相手(顧客)の心にメッセージが入って行かない理由
 〜言葉を羅列しただけでは相手の心を振動させることはできません


・あなたの中にある伝える“力”を妨害しているもの
 〜知らず知らずのうちにあなたは伝えることに抵抗しています


・書く“力”を磨くための法則
 〜“力”はあることが外れることで自然に現れる

 

プライベートでのメッセージ力の向上

ビジネスでのメッセージ力の向上
経営者としてのメッセージ力の向上

             
そのようなことに繫がっていく講座となります。

【講師料】
予算等につきましては随時お問い合わせ下さい。