“こころ”の学校

“こころ”から“私”を知る方法

ブランディング

 高いレベルの“こころ”の成長

自分とは何でしょう。
なぜ、自分探しをするのでしょう。
果たして自分というものはあるのでしょうか。
  
その疑問に対する気づきが、
このトレーニングできっと見つかるでしょう。

その鍵をにぎるのが、私たちの心です。
    
高いレベルに心が成長すると、
おのずと“自分”の正体がよく理解されます。

「自分探しの旅」も終わります。
    

Iブランディングは思考(思惟)、知性を使って心を観察し、

高いレベルに成長させるものです。


 ・心のはたらきを“正見”にする方法を学んでもらいます。
 ・その過程で“自分”とは何かを発見します。
 ・高い意識(心)階層から物事を観られるようになります。
 ・物事の本質を見る力(洞察力)がつきます。
 ・集中力が高くなり、澄んだ思考になります。
 ・後悔することがなくなります。
 ・心の波がゆるやかに安定します。 
 ・心が穏やかになり不安がなくなってきます。

 
そのようなことを、このトレーニングで学んでいただけたらと思います。


 

アイブランディングとは

「自分探し」
最近よく聞かれる言葉です。
   
そして、多くの方が“自分”を探す旅に出ようとします。
また、“自分”探しの旅に既に出てしまった人もいます。
  
さて、では“自分”は見つかったでしょうか?
     
おそらく、誰も見つけられていないのではないかと思います。
そして、今もさまよい続けているのではないでしょうか。
       
中には性格判断とか占いとか、
そういったもので自分を見つけようとしたりします。
         
しかし、生年月日だけで“自分”が本当に見つかるのでしょうか、、、

         
この「Iブランディング」も、実は“自分”がテーマになっています。
  
ですから「I」なのです。


では、、、
「自分」という定義はなんでしょう?
また、定義はあるのでしょうか?  
           
しかし「自分探しの旅」をされる方のほとんどが、
そこを明確にしていません。
  
実に曖昧なのです。
 
ですから、性格判断や診断、占いに走ったりするのです。
そして、それが“自分”なのかな・・・と思い込もうとします。
      
でも、それですっきりするわけではありません。
あなたは、もうご存知のはずです。
        
また、感情系に向かう方もいます。
 
「私はとても楽しい人です」
「私はとても怒りっぽい人です」
などのように感情を“自分”と結びつけるのです。
       
そして、、、
「私は楽しい人になりたい」
「私は幸せな人になりたい」
というように“自分創造”の連鎖が始まるのです。
   
これは自分探しというより、
自分にラベルを山のように貼付けるようなものです。
    
これでは、増々自分が分からなくなってしまうでしょう。
           
いずれにしましても、
ほとんどの方は“自分”という定義ができていません。
    
できていないのですから、
“自分”を発見することなどできるわけがないのです。
   
このトレーニングでは、
そこのところをしっかり探究していきます。
        
つまり、、、
“私”とは何か?
  
それを、理解するのがこのトレーニングの目的です。
          
“私”が明確に定義できて、
自分の中できちんと理解できると、
とても心が落ち着いた状態になります。
     
ですから、まわりのいろいろな物事に振り回されなくなります。
    
これは当然なことなのです。
    
ほとんどの方は“私”というものを正確に理解していませんから、
常にまわりの世界に流されていってしまいます。
 
しかし“私”という存在が理解できれば、
それはあり得ないことになります。
   
私は“私”なのですからね。


「Iブランディング」の「I」という文字には、
無駄をすっきり削ぎ落とし、
磨き上げられた一本の聖なる柱の意味を含んでいます。
               
ちなみに、このトレーニングはあなたの心を、
高い心のレベルに成長・進化させるためのトレーニングのひとつです。
                      
つまり、「Iブランディング」とは、
心の汚れが削ぎ落とされたあなたの状態です。
 
心が磨き上げれた状態です。
心が透明になった状態です。
聖なる柱になった状態です。

そのようなあなたの状態のことを言っています。
   
そして、それを目指すのがこのトレーニングの目的です。
  
ですから、あなたを何かで飾るものではありません。
あなたを妄想(カリスマ)の世界に導くものではありません。
そういったものは、心をとても汚すものなのです。
とても低い心のレベルなのです。     

またこのトレーニングの流れの中で
“私”というものも明確になっていきます。
        
ですから、“自分探しの旅”も終わるのです。

高い心のレベルに成長させる“浄心”

では、どのようにして高い心のレベルに成長させるのかといいますと、
“浄心所(sobhana-cetasika)”という心の働きを使います。
       
“浄心所”とは心を清らかにして向上せる心のはたらきです。
ブッダ(初期仏教)の教えです。
     
「心の汚れを洗って、心を清らかにして下さい」
という仏教の最も基本的な教えなのです
      
浄心所は全部で25あります。
       
このトレーニングでは、
その中で“中捨(ちゅうしゃ)tatramajjhattatâ ”の心所に働いてもらいます。
 
では、“中捨”とはどういうことなのか、、、となりますが、
ちょっとその定義は難しくなります。
    
簡単に言ってしまうと、
“思考”を使わないということになります。
 
「妄想のための思考は使わない」
というのが正しいですね。
    
心には思考というものが大きく関わってきます。
そして、この思考が不安や恐怖などといった苦しみを生み出します。
  
もちろん、楽しみもこの思考から生み出されるのですが、
実はこの楽しみというのが、心に汚れをつける煩悩でもあるのです。
      
ですから、思考というのは私たちの“苦”を生み出す親玉と言えます。
   
つまり、私たちの思考はほとんど無意味なことに使われている、
ということです。
        
ですから妄想と呼ぶのです。
この辺りは、このトレーニングで実際経験していただくとよく分かります。
   
実は私たちは、間違ったものの見方、聞き方ばかりしています。
   
ちなみにブッダは、、、
「その見解は、すべて間違っている」
と説いています。
   
「そんなことあるわけない!」
と反論するでしょうが、確かにその通りなのです。
  
悔しいかもしれませんが、
事実なのです。
     
私たちは普通にしていたら、
ものごとを正しく観ることができません。
  
正しく観てないわけですから、悩むのです。
そして、苦しむのです。

正しく観ていたら、
正しいことを知っていたら、
苦しむことはないはずです。
     
因縁、因果法則でみたらよく分かります。
  
正しくないから、結果も正しくないのです。
当たり前のことですね。  
       
このトレーニングでは、
あなたの心を“中捨”という浄心のはたらきに向かわせることをします。
   
そうすることで、様々なものごとを正しく観ることが可能になります。
色々な想いや感情、煩悩、執着をつけずに観ることができます。
  
そういった囚われのない心の状態、
つまり善の心の状態で行為すれば、
おのずと結果も善に繋がっていきます。

これも当然のことです。
                
心の働きが浄心に変わっていきますから、
妄想がなくなってきます。
            
どのように変わっていくのかといいますと、
すべてのものごとを正しく観ることができるようになるのです。
   
それはとてもスッキリとした世界です。
心がすーっとしてきます。
ですから、頭もスッキリします。
透明な感覚に包まれるのです。

 

“中捨”という特殊な心のはたらきを学ぶ

ちなみに“中捨”という考え方は、
仏教にしかありません。

そして、それはブッダだけが発見したものです。
      
当時、あれだけ宗教や哲学が発達していたインドにおいても、
このような、考え方はありませんでした。
   
ですから、“中捨”などという言葉は存在してなかったのです。
そんな状態ですので、ブッダが自分で言葉を作らなければならなかったわけです。
  
それが、「tatramajjhattatâ (タトラマッジャッタター:中捨)」です。
パーリ語です。
      
言葉というより、内容を無理やり表現するために作ったものです。
    
それを「中捨」と日本語で訳してあるのです。
      
これは仏教だけの言葉ですから、
日本語にも英語にもこういった表現の言葉ありません。
            
“中捨”という心所は、浄心所25の中でとても大事な心所です。
それを理解し、育てることができれば、何ごともうまくいくと言われているものです。
        
“中捨”は私たちに智慧をもたらす、
大切な鍵となる心のはたらきとなります。
    
智慧とつながることで、
“私”の正体もあきらかになります。
      
また、様々な苦しみからの解放ももたらしてくれます。
      
しかし、ほとんど人の場合この“中捨”のはたらきはあらわれません。
なぜなら、人間の心に“中捨”は普通であれば機能しないからです。
   
ですから、意識して育てなければならないのです。
そのままにしておいたらそれは機能することはないのです。
     
“中捨”は、落ち着いている心の状態、クールな心の状態と言えます。
     
ちなみに“中捨”は簡単になくなります。
とても繊細なものです。
      
しかし、“中捨”というものを一度知れば、
それは育てることは可能です。
そこに心を向かわせるトレーニングをすればいいのです。

そのために必要となるのがサティsati(気づき)という、

浄心のはたらきです。

今の自分の状態や、自分が置かれている状況に目覚めることです。

サティの心のはたらきはとても明るいものです。
何が起こっているのか、さっぱり分からない人の心は暗いでしょう。

混乱して迷っている状態にいるのです。

頭や心がすっきりしないのは、

心のはたらきがそのようになってしまっているからです。

しかし、サティ(気づき)をいれることで、
常に自分が今置かれている状況に目覚めることができます。

つまり落ち着いた状態、冷静な状態にいられるのです。
それは、心がとても静かな状態です。

   

この瞬間に常に気づいている“能力”が身につけば、

その人は本当の“能力者”だと、ブッダは説いています。

サティは特別な能力なのです。

このサティという心所をはたらかせることで、

“中捨”もあらわれるのです。
     
このトレーニングでそのようなことも学べるでしょう。
      
“中捨”という心の働き、“サティ(気づき)”という心の働きを知らなかったら、
それはとても不幸なことです。
    
生き方そのものが変わってしまいますからね。
  
私たちの心に眠っている“中捨”という心の働き、

サティという心の働きを覚醒させて欲しいと思います。
   
詳しくはこのトレーニングのワーク等で学んでいただけます。

 

このトレーニングの特徴

このトレーニングは東洋の哲学、思想が核になっています。
    
特にブッダの教え(初期仏教)がその背景にあります。
       
なぜなら、その教えが心の謎をすべて解き明かしてくれてますし、
その教えは明確に体系化され、とても論理的なものだからです。
 
また、私たちの心を高い次元に成長させる
具体的な方法も用意されているからです。
   
他にそのようなものを見当たりません。
    
西洋で体系化された、
カウンセリング、コーチング、コンサルティング、、
これらのベースとなっている心理学、NLP(神経言語プログラミング)、
マインドリーディング、プロファイリング、などには限界があります。

 

こういった体系化された西洋方式は、
あくまで対処療法としては使えることができるでしょう。
      
心の表面的なもの、
心のさざ波への一時的な対処法なのです。
  
それは結局、取り繕っていることと同じなのです。 


なので、、、
“心”の本質にまで関わることはできません。
  
“心”の本質に関われない限り、
高いレベルの心に成長することはできません。

  
そのような理由から東洋の思想・哲学、

その中でも心の謎をすべて解き明かしている、

ブッダ(初期仏教)の教えがメインになっています。  
     
また、合わせてラージャ・ヨーガ(心理ヨーガ)、
ジュニャーナ・ヨーガ(知性ヨーガ)というものも
このトレーニングでは随所に出てきます。
              
ここでいう“ヨーガ”とは、最近よく聞かれるヨガとは別の次元のものです。
   
つまり健康、美容、痩身、癒し、といったことを目的に
ポーズ(アーサナ)する体操ヨガではありません。
  

ヨーガ本来の目的は、心の絶対的な解放、
つまり解脱を目指すことです。
 
そういったヨーガ本来のことです。
 

このトレーニングは、ブッダの教え(初期仏教)
そしてヨーガ(ラージャ、ジュニャーナ)​という、
心を高い次元に成長させてくれる、
体系化された理論(証拠)が背景にあります

トレーニングの概要

主に“中捨”という心のはたらき、
“サティ(気づき)”という心のはたらきに焦点をあてた、
知性からアプローチした心の浄化法を学んでもらいます。
その流れのなかで“私”というものも理解されていくでしょう。
        

<サティ(気づき)ワークⅠ>
・私たちが見ている物へのサティ
・私たちが聞いている音へのサティ
・私たちが読んでいる言葉へのサティ
・私たちの思考へのサティ       
      

<チェータシカ(心のはたらき)の基本理論を学ぶ>
・常に生まれる心のはたらき(心所)とその流れを理解する
・その流れをコントロールする心のはたらきを理解する
・“中捨”を理解する
・その流れを“中捨”に向ける方法を理解する
 

<サティ(気づき)ワークⅡ>
・自己観察する方法
・執着からの解放
・正思惟(正しい思考)法
​・洞察(本質を見抜く)法

 

※トレーニングの内容はその都度変わることがあります。

開催・申込概要

【形態】
 対話&講義&ワークショップ
   
【定員】
 少人数集中制 5〜6名(会場等の状況により多少前後します)

 

【日時】
 次回開催未定。午前10時〜午後4時


【場所】
 ツインメッセ静岡406会議室


【エバンジェリスト】
 井澤直樹(ムサ・コジ)
 プロフィール詳細はこちら

 

【持ち物】
 筆記用具 昼食は各自ご持参下さい。


【受講料】
 35,000円 ※消費税込、教材費込、入会金等不要 

 

【早期割引適用】
 25,000円
 
    ※「スピークパフォーマー基礎トレーニング」を受講された方は20,000円となります。
 
【クレジット・分割】
 クレジットカード(paypal)使えます。
 申込の際メッセージ欄にその旨ご記入下さい。
 分割払制度もありますのでご相談下さい。
(申込の際メッセージ欄にその旨ご記入下さい)

 
【学割制度適用】
 学割制度も適用されます(申込の際に問合せ下さい)
 
【お支払期限】
 お支払いは申込頂いた日より1週間以内にお願いします。
 お支払先につきましては、申込された方に直接ご連絡致します。
  
【再受講割引】
 再受講制度も適用されます。再受講代は10,000円です。
 3回目は無料となります。4回目以降はダーナ(お布施)となります。


【ワンポジ割引特典】
 直近のワンポジイベントに参加された方は、
 通常価格より5,000円割引となります。
 

​【申込締切】
 未定


【保証制度】
 全額返金保証制度適用 受講後3日以内 
  
【キャンセル】
開催日の3日前までとなります。全額返金となります。
それを過ぎるとキャンセルの適用はありませんので御注意下さい。
       
 ※終了後アフターを別の場所で用意する予定です。
アルコールもありますのでお車にはご注意下さい。