これさえあれば一生稼ぐことに困らないと言われる

実践的マーケティング手法!

あなたがどんなに素晴らしい商品を持っていても、
どんなに画期的な商品を持っていても、

あなたがどんなに素晴らしい人でも、

それだけではビジネスは成り立ちません。

絶対必要なのが「買われ続ける仕組み」です!

その仕組みがDRMです。

綺麗な文章ではなく、相手の心が躍動し、行動したくなるライティングスキルを手に入れる!

ご注意下さい:次回開催の予定はありません!

さて、では早速次の動画を見て下さい。

 

↓   ↓

 

では、次にこちらの動画を見て下さい。

 

↓   ↓

 

2つの動画見てもらえましたか?

 

ここで質問です。

 

 

最初の動画と、2つ目の動画どちらが印象に残りますか?

 

 

おそらく、、、

 

 

 

 

 

2つ目の動画ではなかったですか?

 

音楽が鳴った時点でもう分かってしまうはずです!

 

「ライザップ」

ということが。

 

それだけ印象深いってことです。

しかし、これはライザップが偶然そうなったのではなく、

もちろん意識的に行ったものです。

 

 

ちなみに最初の動画は「スバル自動車」のCMなのですが、

スバルだと気づきましたか?

マツダとごっちゃになりませんでしたか?

 
そして、強く印象には残らなかったと思います。

 

 

ちなみに印象に残らないというのは、

売れないということですよね。

 

 

やはり、CM見た人の記憶に強く残らない限り、

売れないのです。

 

 

これはTVCMだけのことではありません。

すべてにおいてそうです。

 

 

さて、、、

もうお分かりだと思うのですが。

 

 

「ライザップ」がまさに、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)のスキルを駆使しているのです。

 

 

では、違いはどこでしょう。

 

 

実はたった数十秒のCMですが、大きな違いが2つあります。

 

 

まずひとつめです。

 

1)ダイレクトに行動を促している!

ライザップのCMをもう一度見て下さい。

最後に、、、

【ライザップ検索】で終わっています。

つまり、、、

「検索してね!」と行動を指示しているのが分かります。

 

ちねみに検索すると、、、

クリックしてみて下さい。

↓   ↓

【ライザップ検索】

 

 

に移動します。

 

 

このページのことをランディングページ(LP)と呼んでます。

商品を販売、誘導するためのページです。

 

 

スバルにはダイレクトに行動を促す仕組みがありません。

 

次の違いは、、、

2)ダイレクトに感情に訴えている!

 

「人は感情で買って、後でリクツをつけている」

 

これは行動心理学で言われていることです。

 

ライザップはまさにダイレクトに感情に訴えてますね。

性的に魅力的になれる〜! 他人よりカッコ良くなれる〜!

 

そんな欲望にダイレクトに訴えてます。

 

スバルは、、、

「なんかいい感じ、、的みたいな?」ぼやけた感じです。

感情が強く刺激されることはありません。

 

 

つまり、感情が動かないのですから、購買意欲は高まりません。

 

 

さて、あなたの商品はどちらですか?

「スバル」ですか「ライザップ」ですか?

 

 

「スバル」だとしたら、、、

ちょっとマズいです。

 

 

 

では、DRMについてもう少し詳しく書いていきますね。

 

↓    ↓

 

98%は売っていない!

 

全都道府県すべて出張して分かったことがあります。
それは、98%以上の企業が「売っていない!」ということです。

そんなことを言うと、もちろん社長さんは真顔で、、、 

 

「そんなことはない!売っている!」

 

とおっしゃいます。

もちろんそれは間違ってません。

 

しかし、客観的にみると売っていないのです。

 

ビジネスで絶対不可欠なスキル、、、

 

 

それは「売り方」です。

そして「売れ続ける仕組み」です。

  

でも「売り方」を知っている人、

ましてや知識だけではなく、実践している人ってあまりいません。
 だから、トップ1%の人たちだけが成功するとも言われているのです。

 

また、統計的にみても、、、

新しくできた会社と言うのは、

1年以内に過半数が倒産し、

5年以内に80%が消え、

10年以内に95%が倒産するといわれています。

 

はっきり言ってしまえば、

倒産する原因は「売り方」を知らない。

 

「売り方」を実践していない。

だけなのだと思います。

そして「売れ続ける仕組み」もないからです。

 

 

私も30年以上コンサル業界にいるのでよく分かります。

倒産した企業を見ると、

まさにそこのところが一番の原因なのです。

 

 

でも、ご安心下さい。

「売り方」「売れ続ける仕組み」というのは実際にあります。

そして、それは誰にでも「知ること」ができ、

簡単に実践することができます。

  

まさに、、 

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)という手法が、
「売り方」であり「売れ続ける仕組み」なのです。

 

「売り方」「売れ続ける仕組み」のための実践手法です。

 

 

そもそもスモールビジネスにピッタリな手法なので、

とても、単純です。

そして、誰にでも実践できます。

さらに、やろうと思えばゼロ円でもできるでしょう。

 

  

この手法のことを業界では、、、

「一生稼ぐことに困らない実践手法」

と呼んだりしています。

 

ということは、、、

簡単なだけでなく、

お金がかからないだけでなく、

効果もかなり出ているということですね。

あまりにもうま過ぎる話しですが、

実際そうなのだから仕方ありません。

 

実はこの手法が日本に入ってきた20数年前に、

私も学び、そして実践しました。

 

ですから、この手法の優れたところ、

また、この手法がうまく機能できない理由も

よく分かっているつもりです。

 

今回はそんなことも踏まえた上で、DRMのトレーニングを紹介したいと思ってます。

 

トレーニングを受けることで得られるメリットは?

さて、ではあなたがこのトレーニングを受けるとどうなるのでしょう。
 

その前に、ここで少し私の話しをさせて下さい。
 

私は1995年に独立開業しました。

それが現在の、実現コーチングコンサルオフィス「ヒューマン・ハーバー」です。
 

開業して二十数年経ったわけです。

もちろんその間、紆余曲折、波乱万丈(笑)なことが、

私生活も含めて沢山ありました。
  

7桁代の売上金が長いこと入金されなかったり、

超傲慢でヒステリックな社長に振り回されたり(その後倒産しましたが、、結構多いです)

日本一の企業になれるはずのシナリオが、

部外者によってめちゃくちゃにされたり、、、

まあ、そんなことが多々ありました。
 


しかし、今は私自身90%充実した人生を過ごしています。
10%は余白そして伸びしろです。
ビジネスもプライベートも一致してるので、

とにかくワクワクの日々です。

 

もちろんそうなるためには、

色んな気づきがあり、

多様な学びがあり、

多くの人との関わりがあったからです。
 


さて、ここで私の開業当時を振り返ってみたいと思います。

今思えばよく開業したな~という状態でした。

 

なぜなら、コネゼロ、開業資金ゼロ、商品ゼロ、という状態だったからです。

少しオーバーな表現かもしれませんが、まあ近い状態です。

ちなみに会計事務所にも在職したこともあって、

ビジネスコンサルやマネジメント、
ファイナンスの知識はまあまああった方だと思います。

とにかく、こんな状態で開業したのです。

 


しかし、不思議なことに「なんとかなるさ」

「できるさ」みたいな根拠のない確信みたいなものはあったように思います。
 

そんな確信はあったのですが、、、

開業して一番私が困ったことがあります。

それは集客です。

「クライアントをどうやって探すんだ??」

今思えば「あったり前だろ!」ってなるのですが、
当時の私にとっては、実は、想定外のことだったのです。

 

“集客”という文字が私の脳にはインプットされてなかったのです。

経営へのアドバイスは会計事務所にいた時からしてましたし、

それなりにマネジメントに関する知識は学んでたのですが、

からっきしダメでした。

 

名刺の作り方、

パンフの作り方、

チラシの作り方、

アポの取り方、、、

こんな初歩的なことに対する、

具体的な方法すら知っていなかったのです。

 

「こりゃ、、ヤバい(-_-;)」 

頭の中は真っ白、冷や汗たらり、 のどカラカラ状態です。

 

そんな状態にはなったのですが、、、

不思議なことに、、、

「まあ、なんとかなるさ(^_^)」

という心の声がいつもわきあがってきてました。

 

それは、、、

メンタルやマインドのことをずっと学んできた経緯があったからだと思います。

 

そんな状態が続く中、、、やっと知るのです。

 

「マーケティング」というものを。


「セールス」ではなく「マーケティング」。
この違いは私にとってとても大きなものでした。

そこでやっとマーケティングを学ぶことになります。

しかし、、、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングではありませんでした。

MBA(経営学修士)で教えるマーケティングだったのです。
ターゲティング、セグメンテーション、4P、ニーズ、ウォンツ、

などなどいわゆる学術的な知識を沢山得ることができました。
 

 

しかし、、、

実践には役立ちません。


潤沢なお金と時間、そしてチームがあれば使えるとは思うのですが、

個人や小規模レベルでは使えるものではなかったのです。

そんなお金はないし、時間もあるわけありません。

ましてやチームなんてできない。
当時、マーケティングを知っている仲間なんて私のまわりにいません。

今でこそマーケティングという言葉は、ちょっとは知れたものになったのかもしれません。しかし、当時は名前すら知らない人ばかりだったのです。

結局いわゆるMBAのマーケティングを学んでも、、、

名刺の作り方、

パンフの作り方、

チラシの作り方、

アポの取り方、、、

の実践的な方法は分からなかったのです。

しかし、何かのきっかけで、、、
確か神田昌典氏のピンクの本だったように思うのですが、、、

 

ついに、、、

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングと出会う。

のです。

1998年~2000年頃だったと思います。

まさに目から鱗でした。

学べば学ぶほど、具体的な映像がどんどん浮かんでくるのです。


どんな映像かというと、、、

①この方法で潜在客リストを手に入れ、

②そのリストへ、こんなオファーをつけたDMを送って潜在客と接触し、

③そして、リードを獲得し、

④そのリードが私の商品を買う行動を促す、セールスレターを贈る。
⑤そして、私の口座に入金される。

といったかなり具体的なものが、浮かんでくるのです。
 

 

「これはできる!」

「これは使える!」

「リスクないじゃん!」

 

そして、お金かからないじゃん!


という確信になったのです。
 


それからこの手法を徹底的に学び、

それを実践していきました。

DRMを日本で開花させたカリスママッケター神田昌典さんの、

400ページにわたる実践マニュアルも手に入れ、本当に取りつかれたように学びました。

また、DRM発祥の地アメリカから出ている、
日本ではまだ数少ない文献も手に入れ、
そこからも数多く学びました。

ジェイ・C・レビンソン、ダン・S・ケネディ、ジェイ・エイブラハム、

ジョン・ケープルズ、ジョセフ・シュガーマンなどなど、

DRMのアメリカでも超一流の達人たちです。



さて、実践してどうなったのか、、、

 

 

セミナー、講演会の依頼が殺到した(Eメール、DM、FaxDM)

✅ビジネスコンサルの機会が画期的に増加した(FaxDM)

✅県から専門家派遣依頼の件数が急激に増加した(プレゼン資料)

✅コンサル契約交渉の場面までくると、ほぼ100%契約成立(DRMプロセス)

こんなことが重なりはじめました。

(※当時はまだEメールもHPもそれほど一般化してません。またブログやFB、Twitter、LINE、Googleもなかった時代です)
 


また、初めて自分主催のセミナーを開催した時にも、
試験的にこのDRMを使ってみました。

 

 

結果、12.3%の成約率となったのです。

 

 

ここでの成約率とは、振込をいただいた率のことです。

しかも前金で、です。

 

セミナー参加費は2万5千円の設定だったと思います。

セミナー時間は1時間半という短いものでした。

 

 マーケティングに詳しい人は分かると思いますが、

この反応率は極めて高い数字です。

 

 ちなみに、参加申込をいただい方は私の知人や身内などではありません。

私のことを100%知らない方々です。
 

 中には、県内でも超有名な企業の社長様自らが参加申込みされました。

さらに、上場企業系列の社長様もいらっしゃいました。

 

また、収入も8桁まで急速に駆け上がりました。
開業当時には想像もできなかったことです。

 

 
また、
私のクライアント企業がこの手法を使ったケースでも、、

 

✅リサイクル関連企業が、ベンチャーキャピタルから店頭公開のオファーを受けました。

✅地元の関連銀行すべてから融資を断られた、担保余力ゼロの企業が5千万円の融資を受けることができました。

✅ある飲食店では商社(上場企業)から商品開発のオファーをもらうことができました。

✅これも飲食店ですがTV取材が殺到したり、業界新聞や地方紙に無料で掲載されることになりました。

✅新規事業(再生可能エネルギー)を起こした企業があるマーケットで売上No1になりました。

また、全国専門誌にも取り上げられたり、多数のTV取材もありました。

 

一例ですがこのようになっています。

 

ちなみにこれらにかかったマーケティング費用は、ゼロ円とは言いませんが、驚くほど安いものです。

もちろん、うまくいったことばかりではありません。

失敗も沢山経験しました。

しかし、失敗しても、その失敗した経験を具体的な形で、
次に生かすことができるのも、このDRMの特長でもあるのです。

とういうことで、私とDRMとの出会い、そして、私がDRMを学び実践することで得られた経験を書いてみました。

 

 

さて、では改めて、、、

今回のDRMトレーニングを受けるメリット

をまとめてみます。

 

ひと言で言ってしまうと、、、

 

「一生稼ぐのに困らない実践的マーケティングのノウハウが手に入る!」

ということです。

 

このトレーニングを受けることで、、、

✅「買われ続ける仕組み」を構築することが可能になる。
✅名刺、パンフ、チラシなどの初歩のツールがDRM的に作成できる。
✅どんな商品でも売ることが可能になる。(どんなことでも稼げる)

✅対面での営業も圧倒的にこちらでコントロールできるようになる。
(あまり知られてませんがDRMが身に付くと、実はトークでの影響力が飛躍的に向上します)

✅「売り方」が分かるわけですから、会社という枠から解放される。
✅組織に振り回されなくなる。

✅心に余裕がでる。

✅人生に余裕がでる。

✅経済的な自立が出来る。

 

このようなことが可能になります。

これは、私が経験したことでもあるし、DRMを使った方々が口をそろえて言っていることです。

なぜこれほどまでに効果があるのか?5つの理由

なぜ、DRMは効果があるのでしょう。
 

まずひとつめの大きな理由は、、、
 

☑️ビジネスのナマの現場で叩き上げられてできた実践の手法だからです。

 

竹刀剣道と真剣勝負の違いと同じです。

竹刀の振り方をいくら学んでも、

実践で人を斬ることはできません。

真剣の振り方、扱い方を体得しなければ人は斬れません。

それと同じです。

DRMは真剣勝負の世界でしか体得することができない、

秘技が体系化されたものと言えます。


ふたつめの理由は、、、

 

☑️100年以上廃れることなく続いている手法だからです。

 

DRMはマーケティング大国アメリカで生まれました。
その歴史はかなり長く、100年を超える手法です。
そして、現在でも衰えることなく、まだまだ進化しつづけています。

 

つまり、何年経っても使える手法ということです。

なぜ100年も廃れることなく使われ続けているのかというと、、、

それが、3つめの理由となります。

 

☑️人間の行動心理に焦点をあてているからです。

 

「人は感情で買って、後で理屈をつけている」


これは行動心理学でも言われているところです。

 

また、神経科学(脳科学)の分野でも、マサチューセッツ工科大(MIT)やカリフォルニア大などで、

無意識の研究がなされ、人間の認知活動の95%は無意識が支配している、という結論になっています。
 

感情は無意識下で起こるものです。
 

その感情に焦点をあてたマーケティングが、

DRMなのです。
 

人間の仕組みはそう簡単に変わるものではありません。

つまり、これからもDRMは使える実践マーケティング手法として君臨するでしょう。

 

4つめの理由です。

☑️お客様が次にやるべき行動を促しているからです。

お客様にこちらから具体的な行動を提示しない限り、

お客様は動けないでしょう。

潜在客があなたの商品に興味を持ったとします。

次の行動をこちらで具体的に提示するのと、

ただ潜在客が自ら動くのを待つのとでは、雲泥の差です。
 
そのほんのわずかな差が、売上高に大きく影響を与えます。

 

DRMでは、お客様にダイレクトに行動を促すためのスキルを駆使します。

 


5つ目の理由は、、、

 

☑️反応率とCPOを測定できるからです。

 

DRMの大きな特長のひとつが反応率を測定できるというものです。

そして、CPO(Cost Per Order)が計測できることです。
1注文あたりの顧客獲得コスト(広告費)が分かるのです。

身近なチラシを例にとってみても、よく分かります。
ほとんどは、チラシを打ってそれで終わり。
 
なんとなく今回は売れたなとか、売れなかったなとか、、、

かなり曖昧です。
 

中には運が良かったとか悪かったとか。。。

もちろんそういったこともあります。

DRMではチラシの作成時から、
測定可能なデザインにしていきます。

たとえば、1万円のA商品を売るのに、Aタイプの折込チラシ1万枚を作り、

Aというエリアに配布しました。

 

結果として10人がアクションを起こしました。

 

コンバージョン率(成約率)は、、、

10人÷1万枚=0.10%

ということが測定できます。

売上高は、、、

@1万円×10人=10万円

 

実はこれはテストもかねてます。

今度は同じ商品でBタイプの折込チラシを同じ部数、同じAというエリアに配布しました。
すると、、、

20人がアクションを起こしました。

コンバージョン率は、、、0.2%、つまり倍になりました。

パーセンテージで言うと、たった0.1%増えただけですが、

売上レベルで考えてみると。。。

@1万円×20人=20万円

 

つまり、売上高がなんと2倍に跳ね上がったのです。

これは一大事です。


2倍になった原因、知っておく必要がありますね。

 

それができるのがDRMです。

たとえば、、、

ちらしのヘッドラインを、Bタイプでは違うものに変えてみた。

他はAタイプとまるで同じだったとします。

 

2倍になった理由が、ヘッドラインにあるのが分かります。
ヘッドラインを少しいじっただけで、
売上高が2倍になってしまったのです。
 

ヘッドラインを少しいじった、、だけ???で、、、
売上が2倍になってしまうw

売るってそんなもんなの~(-_-?)
 


実は、それが事実なのです。

 

 

極論してしまうと、、、

売れるか売れないかは、言葉とデザインで決まる!

のです。
 

特にインターネットという化物が、ビジネスだけではなく、

プライベートでも主役になっている現代において、

絶対欠かせないのが、、、何度も言いますが、、、

 

言葉とデザインです!

 

インタネットの世界は2次元の世界。
平面の世界です。

文字、画像、動画の世界です。

 

ここにセールスライティングスキルの必要性があるわけです
だから、これからのビジネスに絶対不可欠なスキルなのです。

 

また、測定できると潜在客がアクションを起こしたくなるキーワード(言葉)も分かってくるのです。 

こんな言葉に反応するっていうのが分かるのです。

 

さらに、反応率が測定できることで、
広告にかかったコストも分かります。

そのことをCPOといいます。

1注文あたりの顧客獲得コスト(広告費)が分かるのです。

先ほどの例でいくと、、、

1万枚のチラシ折込みが印刷代込で仮に10万円とします。


CPOは、、、

10万円÷20人=5,000円ということになります。

使うメディアによってCPOは変わってきます。
チラシの場合は5,000円だったわけですが、
例えば、フェイスブック広告だとそれは違ってくるわけです。

どのメディアが一番CPOが安く済むのか、

測定することが可能になります。

このような測定ができることで、

科学的なマーケティングが可能になります。
 

その結果、将来的な売上予測も単なる憶測ではなく、

経験値に基づくものになります。
 

つまり、予測のズレを大幅に減らすことが可能になるわけです。

これは、反応やコストを測定できることで得られるメリットのほんの一例です。

実は活用範囲はもっと広~くあります。
 

DRMがなぜこれほどまでに効果があるのか、その主な理由を5つ書いてみました。

まとめてみます。

 

1)ビジネスのナマの現場で叩き上げられてできた実践手法である。

2)100年以上廃れることなく続いている手法である。

3)人間の行動心理に焦点をあてている。

4)顧客に次の行動を促している。

5)反応率とCPOを測定できる。

 

ということになります。

いかがですか?
マーケティングの効果が他と比べて圧倒的に高い理由が、
概念ではなく、きちんと存在するのがお分かりいただけたと思います。

さて、他にこんなマーケティング手法はあるでしょうか?

あったら是非教えて下さい。

 

DRMがネット時代さらに使える理由とは?!

私がDRMを使いはじめた時代は、現代ほどネットが普及されていませんでした。
HPやEメールはあったものの、スピードや容量など現代の比ではありません。

とてもタイムリーに使えたものではなかったです。
 

当然、ブログやフェイスブック、ツイッター、

LINE、インスタグラムといったSNSも存在しなかったわけです。
さらに、今では世界に最も影響力を持つとまで言われてる、

Googleなんかも使える状況ではありません。


僕がDRMをやりはじめた時代は、
もっぱら紙ベースだったのです。
そして、届ける手段は郵便です。
 

セールスレターはすべて紙です。

セールスレターは結構長くなりますので、

郵便での送付コストが馬鹿になりません。


また、セールスライティングを自分でやるからといって、

印刷をしないわけにはいきません。
当然印刷コストもかかってきます。
レターの枚数も多いですから、

こういったコストも本当に馬鹿になりません。

つまり、僕がDRMをやり始めた当時のCPO(1注文あたりの獲得コスト)はかなり高かったのです。
だから、頻繁にDRMをやることができないのが現状でした。



しかし、現代は違います!!


 

CPOはゼロ円でも可能です!

 

なぜなら、HP、メール、フェイスブック、ブログ、LINE、インスタグラム、

Google、YouTube、画像、動画などなど、ほとんどフリー(無料)で使えるからです。

 
これは奇跡です!

そして、めちゃくちゃ感謝です!


つまり、こういったスグレモノを駆使すれば、

CPOがゼロ円で済むことも可能なわけです。

無料でHPを作成し、
無料でランディングページ(販売するためのページ)も作成し、

無料でブログでコンテンツを配信し、

無料でフェイスブックを使いコミュニケーションを深め、

無料でフェイスブックイベントを立ち上げ、

無料でインスタで商品をアピールし、
無料でYouTubeで動画でアピールし、

無料でメールでの接触回数を増やし、購買に導く。

 

現代はこんな夢のようなことが可能なのです。

この時代の流れはDRMにとってはまさに、

水を得た魚のようなものです。
DRMのポテンシャルがさらに発揮できるのです。

DRMの仕組みを作るコストがゼロ円で済みます。

さらに、潜在客やリード(見込客)との接触回数を、

無制限に増やすことができるわけですから、
コンバージョン率(成約率)も格段にアップします。

もっと重要なことは、あなたの物理的な仕事量が大幅に軽減されるのです。
 
あなたはまず無料でDRMの仕組みを作ります。
後は、あなたがブログなり、フェイスブックなり、
メールなりを定期的に書いたりして、それを定期的に配信すればいいのです。

思い出して下さい。
 

これからの時代、

売れるか売れないかは、言葉とデザインで決まる!

ということを。

あなたは書いたり、デザインしたりすることだけをすればいいのです。


そのために必要なのが、、、

「セールスライティング」というスキルです。


そして、そのスキルアップをしていけばいいだけなのです。

今回のトレーニングでは、「セールスライティング」のスキルについて、

時間をたっぷりとってトレーニングしてもらいます。

DRMがうまくいかない理由は?!

さて、ここまでDRMの良い事ばかり書いてきました。
ここまでお読みになっているあなたには、こんな疑問の言葉が浮かんでいませんか?

 

「本当にこんな風にできるの????」

 

この疑問に対する答えは、、、


「できます!」

です。

 

ただし、、、うまくいかない場合、できない場合もあります。

その理由は次の2つです。

 

1)あなたのマインド(メンタル)ブロックが邪魔をする場合。
2)継続しなかった場合。

この2つです。

 

 

まず、ひとつめの理由について書いてみます。

DRMという手法は、はっきり言って100%使える手法だと確信しています。
しかし、どんなに優れていてもそれを使うために必要なのがエネルギーです。

どんなに素晴らしい知識があっても、

どんなに素晴らしい情報があっても、

どんなに素晴らしいスキルやテクニックがあっても、

それを使いこなすエネルギーがなかったら、

それはすべて無と等しくなってしまいます。

DRMについても同じなのです。

ちなみに、エネルギーはあなたから出されるものです。
そしてエネルギー量はあなたのマインドやメンタルの状態と比例します。

あなたが善い状態のマインドやメンタルであれば、

最良のエネルギーが出ます。

このエネルギー状態であれば、DRMを120%使いこなすことができるでしょう。

しかし、あなたのマインドやメンタルが良くない状態だと、

負のエネルギーが出ることになります。

そんなエネルギー状態が続けばDRMを半分も使うことはできないでしょう。

そして、そもそもビジネス自体機能しなくなるでしょう。

なぜなら、お客様にその負のエネルギー状態がそのまま伝わるからです。

また、マインドブロックという視点でみてみると、結構次のようなことが起こります。

 

☑️売ることに抵抗がでてしまう

☑️値段を上げることができない

☑️正規の値段で請求することができない

☑️お金に対するネガティブなブロックがある

 

こんなことがあります。

 

また、、、

 

☑️書くことに抵抗を感じる

☑️書いたものを出すことができない

 

などといったこともあります。 


こういったエネルギー状態でDRMがうまく機能するわけありませんよね。

実は、、、私もこんな負のエネルギーにはまってしまいました。

なぜ、そうなったのかそのことをここで書くと、かなりのボリュームになってしまいます(^_^;)
 

その辺については、私の無料PDFレポートのひとつである、、、

『最高格の成功を手に入れる方程式~Sへのフォーミュラ』に書いてありますので、

興味があればお読み下さい。

これがDRMがうまくいかないひとつめの理由です。

ふたつめの理由、、

「継続しなかった場合」についてですが、

これは、ひとつめの理由「マインド(メンタル)ブロックが邪魔をする!」

と密接に関係しています。


書くことに抵抗がある、書いたものを出すことに抵抗がある、

といったマインドブロックが邪魔するのが、継続できない最大の理由です。

書くネタがなくなるといったことがよく言われますが、

そんなことはありません。

ネタはその辺にいくらでも転がっています。

あなたが、あなたの商品のことを本当に愛して、信じて、

それを世界に伝えたいという想いがあれば、書くネタに行き詰まることはありません。

また、継続するといっても毎日やらなければならない、ということではありません。

1週間に1度でも構いません。

とにかく潜在客、リード(見込客)と接触し続け、
そのコミュニティを育てていくということが大切なのです。

リードはあなたの仲間なのです。

 

そんな意識を持ち続ければOKです。

DRMがうまくいかない2つの理由、、、

1)あなたのマインド(メンタル)ブロックが邪魔をする場合。
2)継続しなかった場合。

 

ご理解いただけたと思います。

そして、お気づきだと思いますが2つ理由に共通しているものがひとつあります。

 

それは、、、

心の状態です。

 

DRMがうまくいくかいかないかは、あなたの心の状態次第と言っても過言ではありません。

私たちの心の状態がエネルギーを生み出しているのです。
それは科学的にも明らかにされています。

DRMがうまくいかない理由の解決策!

DRMがうまくいかない理由は、先ほど書いたようにその根っこをみると、

「心の状態」ということになります。

ということは、「心の状態」を善の状態に整えることをすればいいわけです。
そして、その方法を知っていればいいわけです。

私自信、負のエネルギー状態に長いことはまってしまった経験をしています。
ですから、その脱出方法をずっと模索してきました。

本当に色々なことを試してきました。
当然、ポジティブ思考、積極思考、がテーマになってきます。

 

そのために、『思考は現実化する』や『7つの習慣』『人を動かす』といったいわゆる、自己啓発のバイブルを筆頭に様々な欧米的成功法則も学びました。

また、エネルギーセラピー、実践心理学といわれるNLP、メンタルコーチングといったスキル。

さらに、和の自己実現法ともいえる「武道」「心身統一法」「古神道」「言霊学」「KENSAN」といったことも実践してきています。

結局二十数年学び続けることになるのですが、、、

心の状態を善の状態に整えるための方法として、

現段階で行き着いた結論があります。

それは、
ポジティブ思考、積極思考、などは不要だということです。

実はそのことに囚われること自体が無意味なことだったのです。

そして、現在では二十数年の学びと経験を生かしたトレーニングプログラムも開発しました。

 

そんなこともあり、私はビジネスコンサルでもあり、メンタルコーチでもあるのです。

 

つまり、あなたが負のエネルギースパイラルにはまり込んでも、

そこから脱出するためのトレーニングプログラム(オプション)があるのです。

そして、そもそもメンタルコーチである私が、

あなたを全面的にフォローすることができるわけです。

今回のトレーニングの中にも、もちろんマインドセットに関することも用意してあります。

このように、あなたは安心してDRMをスッキリとした心の状態で使うことが可能です。

DRMトレーニングメニュー(予定)

参加者各々のビジネスで実際に構築され、実践されるためのメニューです。

 

第1回:平成28年6月5日(日)午前9時半~午後4時半

【ダイレクト・レスポンス・マーケティング戦略構築法】

~集客から入金までの買われ続ける仕組みをデザインする

■お客の行動心理

・人間は○○でなく、強い○○でものを買う

・生物学的8つの欲求と二次的9つの欲求

・モノを買うときの2つの思考回路

■DRMシステム構築
・3Mの明確化

・潜在客の具体化

・リード(見込客)の獲得法

・コミュニケーションツールとは

・ブログ、メール、FB、HPなどのwebツールのDRM的使用法
・無料でも超高性能なHPなどの作成サイト紹介(私が実際試験しているものです)

・DRMを設計する(個人ワーク)

<フォロー>

・メールセッション(適宜)
・通話(スカイプ、FB、LINE、電話等)セッション(45分/月)

第2回:平成28年7月3日(日)午前9時半~午後4時半

【セールス・ライティング基礎トレーニング vol1】

~あなたの商品価値を120%伝えるためのスキル習得

・DRM設計の確認

・セールスライティングとは

・セールスライティングを構成する部品

 「ヘッドライン」

 「リード・オープニング」

 「ボディコピー」

 「クロージング」
 「AIDAの法則」
     「心理的トリガー」

・ランディングページの必要性

・行動心理学にもとづいた購買誘導○○の法則

・ライティングワークショップ(主にランディングページ)

・フィードバック(トレーナー)

 

<フォロー>

・メールセッション(適宜)
・通話(スカイプ、FB、LINE、電話等)セッション(45分/月)

第3回:平成28年8月21日(日)午前9時半~4時半

【セールス・ライティング基礎トレーニング vol2】
~あなたの商品価値を120%伝えるためのランディングページ作成

・セールスライティングに必要なマインドセット

 お金に対するマインドブロック

 書くことへのブロック

 書いたことを出すことへのブロック

・ランディングページの完成(個人ワーク)

・フィードバック(トレーナー他)

 

☆このトレーニングには補講制度があります。
 どうしても受けられないトレーニングがありましたら、

 事前に申し出ていただければ、日程調整を行い可能なら補講を行う予定です。
 

 

3回いずれもワークを主においた実践トレーニングです。
この3回のトレーニングで目指しているゴールは、、、

 

✅DRMシステムの構築

✅DRMの要であるセールスライティングの基礎スキル習得

✅WEBを活用する上で絶対必要なランディングページの完成

 

となっています。

 

 

いかかがですか?

今回のトレーニングは、あなたが求めているものでしたか?

 

もし、あなたが、、、

DRMのことセールライティングのことを本格的に学びたいのであれば、

このトレーニングがすべてではありません。

 

もちろん他のトレーニングを受けて下さい。

私も紹介します。

 

ただし、、、

静岡でDRMやセールスライティングのトレーニングが受けられるのか、
私には分かりません。

 

なぜなら、そのような場所を私は知らないからです。
だから、私がご紹介できるのは、東京もしくは大阪になってしまいます。

 

セールスライター向けの2日間のセミナーがあります。
DRM戦略というより、セールスライティングがメインになります。

参考までに参加費用は、、、

 

リアルセミナー通常価格 321,840円(税込)

オンライン講座通常価格 161,784円(税込) 

※募集期間によって割引あり

 

となっています。

この価格をどう取るのかはあなたしだいですが、

私自身適正かと思います。

なぜならそれだけの価値がセールスライティングというスキルにはあるからです。

すぐにもとは取れると思います。
もしこのようなセミナーに興味があれば、私がご紹介します。

 

 補講:ランディングページ作成用無料webソフトの使い方

ランディングページ(LP)とは商品を販売するためのページです。

このページがあるのとないのとでは、

販売しようとする商品の価値に雲泥の差がつきます。

 

つまり、高額に売ることも、数多く売ることも、

このランディングページで可能になるのです。

 

ちなみにホームページなんかより、

絶対必要なのがこのページだと私は思ってます。

 

 

でも、ほとんどの方はこのページを用意してません。

その理由はセールライティングの技術がないからです。
 
 


また、インターネット上に公開する方法も知らないからです。




このランディングページに、

セールライティングのすべての要素が盛り込まれることになります。

 

画像(写真、イラスト、グラフ等)、キャプション、動画、文章などを巧みに使い、

ランディングページをデザインしていきます。

 

この商品を買ったら手に入る恩恵、メリット。

さらに、この商品の特性、特長。

この商品を買うべき理由。

希少性。緊急性。

エビデンス(証拠)。

保証、特典、リスクリバーサル(買わない理由をなくす)

価格などなど、、、、

 

 

この商品に興味を持った方が持つであろう、

すべての疑問をこのページで解決できるようにデザインします。

ですから、一般的に縦長のページになります。

(戦略的に横長にすることもあります)

 

 

さて、このようなランディングページですが、、、

いくら素晴らしいデザインができても、

それをインターネット上に公開しなければ意味がありません。

 

そのためにはランディングページのURL」が絶対必要になります。

 

 

HP作成業者にそれを依頼するのもいいでしょう。

しかし、ほとんどの業者さんは「ランディングページ」そのものを知らない業者さんがほとんどです。

 

 

そんな業者さんにデザインを任せるわけにはいきません。

また、すでにHPを持っていて、そのHPにランディングページを追加することは可能ですが、

やはりコストがかかってくるでしょうし、デザインが思い通りにできるかは疑問です。

 

 

そこで、提案しているのが、、、、

無料HP作成ソフトを使って、自分の手でDRMの仕組みにもとづいた、

ランディングページを自分で作ることです。

 

 

ライティングの練習にもなりますし、

セールスコピーのデザインのスキルアップにもなります。

さらに、無料でテストマーケティングできてしまいます。

 

 

そして、使ったソフトが気に入れば有料版にグレードアップすればいいのです。

もちろん無料のままでも構いません。

 

 

しかし、問題があります。

 

 

私の場合もそうでしたが、、、、

 

「どの無料HP作成ソフトがいいの?」

「それって本当に自分でできるの?」

「コンピュータ言語とか知らないといけないの?」

「ややこしくない?」

 

といった疑問が出て来るのではないかと思います。

 

 

その気持ちよく分かります。

 

 

そんなところもありますので、このDRMトレーニングでは、、、

誰にでも簡単に使える無料HP作成ソフトを2つ紹介してます。

もちろんスマホ対応のものです。

また、スマホで編集、更新できるものもあります。

 

 

紹介するソフトは、web系が超苦手なこの私が実際使ってきてるもので、

だからこそ、自信を持っておすすめできるものです。

コンピュータ言語なんて無縁のソフトです。

 

 

また、紹介するだけではなくそのソフトの基本的な使い方もレクチャーします。

WEBに関してまるっきり知らなかった主婦の方でも、

ほんの数十分で使えるようになってます。

 

 

ですから、出来上がったランディングページを、

すぐにインターネット上に公開でき、

その反応を楽しむことができます。

 

さらに、、、

スワイプファイル用に瞬時に使えるソフトもご紹介します。

スワイプファイルとは、気に入った他のランディングページをファイルすることです。
 

そして、そのランディングページの使えるところをマネて、

自分用にアレンジして、使います。

 

売れてる高名なセールスライター、

ダイレクト・マーケッターの第一人者たちは、

スワイプファイルの名人達です。

 

  

売れているランディングページをマネる、

それが一番の早道だからです。

 

 

そんなスワイプ(借用)が簡単にできるソフトもご紹介します。

 

 

この補講では、そんなところもお伝えする予定です。

 

 

日時場所等については、このトレーニングを申込された方に改めてご連絡します。

 トレーニングの申込方法

正式な参加受付はご入金いただいた時点となりますのでご了承下さい。

 

【今回募集締切】

平成28年6月1日(水)午前0時

 

【定員】

5名程度

 

【☆特典☆】

✅全額返金保証制度あり!

第1回に参加されてこのトレーニングが不要だと思ったら、
第1回開催日後3日以内にお伝え下さい。
お支払いただきました参加費は全額返金させていただきます。

 

3ヵ月間無料セッション!

 DRMの構築法、セールスレターの書き方、マインドセットなどについて

 ・メールセッション(適宜:3,000円相当)

 ・通話(スカイプ、FB、LINE、電話等)セッション(45分/月1回:5,000円相当)

 ・セールスライティングの添削(月1回:10,000円相当)

 ※合計で月あたり18,000円相当
 

グループフォロー!

 FBやLINEでグループを作り、そこに役立ちそうなDRM情報やビジネス情報、PDFファイル等のアップ等していきます。

 

✅面談コーチング&コンサルセッションが3ヵ月間特別価格!

 セッションフィーは通常3万円(2時間)となっています。
 今回このトレーニングを受けられた方限定で、、、

 1回5千円(1時間)でセッションが受けられます。

 

✅オプション1dayトレーニングが40%オフで受講できる!

☆~話す力と言霊の力を画期的に向上させ、影響力を圧倒的に加速させる!

 「スピークパフォーマー基礎トレーニング6Hコース」

  通常45,000円⇒40%オフ27,000円 
ビジネスに必要なアクションは話すことと書くこと!
あなたの話す力をある法則を使って格段に向上させることが可能なトレーニング。

 

【参加費】

全3回トレーニング参加費(税込)

トライアル価格 60,000円(分割支払可20,000円×3回)

           (1日あたりに換算すると667円になります。)
☆早期申込割引価格 55,000円(5/13まで)       

          分割例:19,000円×1回、18,000円×2回 

参考:私がおすすめできる他社が行っている2日間のセールスライティングセミナーの場合
リアルセミナー通常価格 321,840円(税込)となっています。

 

※今回の参加費はトライアル価格となってますので、今後値上げすることも考えられます。
※現段階で、参加者が増えることによる質の低下を防ぐため、
このトレーニングはしばらくの間休むことも考えてます。

※お支払い方法:銀行振込、クレジットカード(PayPal) 詳しくは改めてメールします。
※分割制度をご利用される方は、その旨申込欄にお書き下さい。

多くの企業様が社内研修にも使っています。
当然ですが確実に実績を上げています。
企業向けプログラムにつきましては、
こちらからお問合せ下さい。

申込・問合せは今すぐ!