​プロフィール

井澤直樹
musa-koji

全国約600ヶ所行脚。

12,000人を超える方たちに“自由自在”メッセージを伝えている。

それにより、数えきれないほど多くの方たちに心身の解放と覚醒、そして喜びに導いている。

​自由自在な人生エバンジェリスト

<モットー>

・偉大なる人の思考(Mahâ purisa vitakkaマハー・プリサ・ヴィタッカ)

・慈悲喜捨(Metta Suttamメッタ・スッタン)
​・法・真理への帰依(Dhammaダンマ)
・智慧への道(Paññâパンニャー)

<ミッション>

・自由自在な人生への導き

「多くの人たちに心の解放を得ていただき、自由自在な人生を歩んでいただくこと」

そのためにブッダのDhamma(ダンマ:法・真理)を探究しその智慧を伝道していく。

<現在の活動>

・メディテーター(Meditator瞑想者)
“人間探究所”

ヒューマン・ハーバー 所長
・ヴィパッサナー観法(vipassanā-bhāvanā)実践

​・“こころ”の学校主宰

・“こころ”の統御指導

・善​“あきない”/善商心/プロデューサー

・人生プロデューサー

・著述家

<メッセージ>

私は肉体的に3度ほど死にそうになりました。

一度目は刃物で、二度目は水で、三度目は車です。
 

しかし、いずれも紙一重の差で死から免れることができました。

かすり傷ひとつ負う事なく、難を逃れることができたのです。

もし、その絶妙な差がなかったら、私は今ここに存在していないでしょう。

それほど神懸かり的なものと言えます。
 

また、心や魂レベルで言うと、これも3度ほど大祓いされ、浄化されてきました。

もちろん、その間私の人生は波乱万丈でした。

しかし、祓われ浄化されるたびに、私の心や魂レベルはとても軽く、

そして喜びにあふれていったのです。

  

人生というのは実に神妙なもので、紙一重の差、クオンタム(量子)レベルの差で、

生きたり死んだり、また、喜んだり暗闇に落ち込んだりします。

 

その神妙な差はどこから生じるのでしょう。

現実問題、その神妙な差が人生の差を生むのです。

  

その解が今私の中にはあります。

 

“自由自在”な状態。

何も囚われいない状態。

 

これが、私の解です。

 

私たちが心的にも肉体的にも“自由自在”な境地にいる時に、

滞ることなくすべては最適な方向に流れるのです。

 

何も囚われない“自由自在”な境地、是非味わって下さい。

<経歴>

1957年生まれ

・青山と清流に囲まれた落ち武者伝説が残る山里に生まれる。

・中学の時、弓の稽古中”透明な意識”と出会う。

 

・高級ナイトクラブ「コパカバーナ」(デヴィ夫人出身)で豪華絢爛なナイトショーをプロデュースする。

そこでエンタテインメントの真髄に触れ、人間を徹底的に楽しませるエッセンスを体験する。

 

・ギタリストを志し、夜の世界で弾き語りをやる。酒とバラと男女、人間の本能と対峙する。

 

・20代前半俳優養成所に入り、演技の勉強をする。

演技に必要な心と体の解放についてスタニフラフスキー・メソッド(ジェームズ・ディーンなどが学んだ演劇論)などを通して学ぶ。

 

・商工会、大手会計事務所に従事(1981年~1993年)し、コンサルティング、ファイナンス(財務)をてがける。

約800社の中小零細規模の経営者のハートにじかに触れ、その本音(ニーズ)と実体を知る。

目先の利益に翻弄され続ける経営者の多さに驚愕する。

 

・心と身体が気づかない間に壊れ、修羅場ゾーンに入る。

 

・ひょんなことから豚、鶏、牛の世話をするはめになり、

そのショッキング゙な体験をきっかけに“こころと身体”の探求を本気で始める。

 

・それを機に初期仏教、心理学、脳科学、NLP、エネルギー・セラピー、武道、コーチング、ヨーガ、インド哲学、古神道、言霊学(コトタマノミチ)などを通して、心の純化法、鎮魂法、祓いを学ぶ。

・“人間研究所”〜ヒューマン・ハーバー(1995年~)を開所。

「人生は心の純度で決まる!」をテーマにしたこころ、マインドの解放トレーニング&セッション、

コンサルティングを行う。

 

・また、武道にも関与し現在も修行を続けている。

<書籍等>

「こうすれば必ず成功する起業家への挑戦」共著 KKベストブック

「利休 WABI〜粋に生きる男の法則」KKベストブック2014/12/25出版

その他事業者向け小冊子多数

<資格等>
Speed Coaching Japan Coacing Training Basic Course 認定

・公益財団法人静岡県産業振興財団経営支援アドバイザー
静岡市中小企業支援センター専門家
・弓道、居合道計八段
​・国際ロゴシスト(言霊師)協会会員

​・宗教法人テーラワーダ仏教協会会員

<完全に自由な人生へのプログラム>

<私が体験・体感した違う世界・次元>
そもそも私がなぜこのようなプログラム、
つまり「完全に自由自在な人生への誘い」をやるのか、、、
そして、それをシェアしようとするのか、、、
   
その辺について書いてみたいと思います。


実は、私の中で衝撃的な体験が3度ほどあります。
  
この体験を体感することで、
私たちが見ている世界、
私たちが認知している世界、
そういったものとはまったく違う世界を味わいました。

   
1度目の体験は、臨死体験と呼ばれているものでしょう。

小学校5年か6年の夏でした。
  
川で遊んでいて溺れたのです。
実は溺れるふりをして溺れてしまったのです。
  
何度もその場所で遊び、
とても溺れることないような場所だったのですが、
溺れてしまったのです。
 
どうしても、どんなことをしても、
川の底から浮かび上がることが、
できなくなってしまったのです。
    
水は当然のように飲むし、
もちろん息ができるわけないし、
そんな苦しみにもがいていました。
  
それを繰り返すうちに、
意識はどんどん遠のいて行きます。


気が遠くなっていきます。


すると、“死”という言葉が、
浮かび上がってくるのです。
 

素朴な疑問の声が聞こえてきました。
  
「もうすぐ死ぬのかな?」
 
それが、少したつと、、、

「もう死ぬんだ、、」

という声に変わってきました。
   
と、同時に意識が消えるのが分かりました。

  
その瞬間です。
 
世界が変わってしまったのです。
これまでの苦しみの世界が、
すっと消え去ったのです。
  
そして、輝く世界が現れたのです。
キラキラした光に満ちた輝く世界が、
私の世界に現れたのです。
    

意識が消えたはずの私の世界に。


さらに、呼吸も途絶えたはずなのに、
最高の気分になったのです。


これまでに体験したことない安堵感。
何か温かいものに包まれている、
とても平和な心持ち。
 
    
今、思えばその時の状態こそ“至福”“安寧”だったのです。
それは恍惚感とも言えるでしょう。

     
もしかしたら、その時の状態は、
母の“子宮”の中の状態だったのかもしれません。


これが1回目の体験です。


2度目は、、、
中学校2年か3年の時です。

その時私は弓道をやってました。
なぜか弓の世界にとても強く惹かれていました。
  
弓ははじめての経験だったのですが、
とても懐かしく、とても愛おしく、
とても心が透明になる、
そんなことがこみ上げてきて、
とても不思議に思ったのを記憶してます。
 

朝早く、道場に行きことが楽しみで、
授業が始まるまでの早朝稽古を、
ひとりだけでよくしました。
    
そんなある朝のことです。
   
いつものように道場で、
ひとり弓を引いていた時に、
起こったのです。


突然、“透明な意識・感覚”に包まれたのです。
言葉に現せばそんな感じです。
    
そして、まわりの世界が輝き出したのです。
すべてが輝き出したのです。
   
その体験や体感は、
溺れて臨死の状態になったあの時と同じでした。


これが2度目です。


そして、3度目は大人になってから、
私が32歳か33歳頃のことです。


ある1週間の合宿会(リトリート)に参加した時のことです。
目が覚めている間はずっと自己観察を行います。
自分のこころを観察し続けます。
      
時計から離れ、
世間から離れ、
家族から離れ、
仕事から離れ、
ひとりの自分という世界に浸り、
そして、自分の深奥へ真摯に向かう。
  
そんなことを24時間繰り返す合宿です。
  
そして、それは時空間を超えたところで起こったのです。

   
強烈な衝撃が走りました。
それは、心にも身体にも脳にも大変な衝撃でした。


私の中の“何か”、、、今ではその“何か”が明らかに理解できますが、、、
その何かがスットンと落ちたのです。
 

落ちたのです。
落としたのではありません。
 

勝手に落ちたのです。
同時に涙が全身からあふれ出ました。
 
 
涙は目からだけ出るものではなく、
全身から出るものだというのが分かりました。
 

そして、同時に現れたのです。
光が、白い光の柱が私を貫き、
あふれ出し私を包んだのです。
     
その時の私の状態も、
あの、川で溺れて臨死になった時と同じだったのです。


これが3度目の体験です。


この時はじめて、3度にわたりかなり衝撃的な体験をしていることに、
改めて気づくのですが、
 
  
まだこの段階では体験・体感だけのものであり、
こういった世界が完全に“理解”できるものではありませんでした。

 
体験・体感が私の中で先行したのです。


そして、それを機に“理解”を求めて、
スピリチュアルな世界、こころの世界、の探究が始まったのです。
ブッダのダンマ(法・真理)の理解につながっていくのです。

   
それは、まさに何かに引き込まれるように、
強力な引力のもとはじまったように思います。
     
そして、今では私の中で私のこのような体験と、
それに対する“理解”が一致しているのです。
 
理解につながったのです。
ブッダのダンマ(法・真理)の理解、体験につながったのです。
  

だからこそ、このようなプログラムをシェアしようと思ったのでしょう。
 
 
不思議なことですが、3度目の体験の後、
今私がやっていることをやりたいという意志が、
降りて来たのです。


それまでは一度も思ったことはなかったことです。
 
      
“真の幸福”“安寧”そういった世界につながるためには、
体験・体感することが必須のことです。

   
そして、そういった世界があるということも、
私自身体験・体感しているし、
それは今でも変わることなく、
私の中に存在し続けています。


だからそういった世界はある、と私は言えるのです。
ただし、世界というと何か別の“世界”があるように思われますが、そうではありません。
言葉で表すとすれば“世界”となるのです。
私たちが当たり前だと観ているこの世界を超えた“次元”と言えるでしょう。

     
しかし、知識、情報などで、その世界を味わうことはできません。
どんなにあなたが知識人でも、どんなにその手の本を読んでも、
それはできません。

 
体験・体感は知識ではないのです。
 

私が今こうしてこのプログラムをシェアしようとしているのも、
私の体験・体感そして理解というプロセスがあったからです。

   
そして、何より、、完全に自由自在な世界、
“真の幸福”の世界、完全に安らかなの世界、
そういったものを味わって欲しいからです。


今、見ている世界ではない、
もっと透明で輝く世界・次元にシフト欲しいからです。

ブッダのダンマ(法・真理)がそこへ確実に導いてくれるのです。